スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    オーディオBluetooth 1台で送受信

    オーディオ - - 話題のニュース
    1台で送受信できるBluetoothオーディオアダプターです。

    センチュリーの「CBTTR-AV」は、Bluetoothの
    送受信をスイッチ一つで切り替えられます。

    送信にすれば、テレビやステレオコンポの音を
    パソコンで聽くこともできます。

    受信では、スマホやパソコンの音楽をコンポで聽く
    こともできます。

    たった1台で、二通りの使い方ができますね。

    さらに、Bluetoothオーディオアダプターを2台使えば、
    Bluetooth非対応の機器をワイヤレスで繋ぐことに
    なります。

    パソコンの音楽を離れた場所でヘッドホンで聴いたり
    することもステレオセットから再生することも自由です。



    Bluetoothの機能を十分に発揮出来ますね。







    レコード・テープ らくらくデジタル

    オーディオ - - 話題のニュース
    レコード・テープをらくらくデジタル化するプレーヤーです。

    ノバックの「らくらくデジタル録音機」(NV-RP004)ですね。

    アナログのレコード盤やカセットテープを殆ど使わなく
    なりました。

    でも、昔の懐かしいサウンドやテープ録音した子供の声
    などを聞きたいですね。

    そして、デジタル化して長く保存したいと思っている
    人も多いですね。

    「らくらくデジタル録音機」は、レコードやテープの
    音を直接デジタルに変換します。

    そいて、USBメモリーやSDカードにダイレクトに録音
    できます。

    SDカードやUSBメモリーには、MP3ファイルで録音され
    ますから、スマホやパソコンで再生できます。

    プレーヤーをパソコンに接続して、専用アプリをインストール
    する必要がありません。

    「らくらくデジタル録音機」は、パソコン無しで
    デジタル化できますね。



    懐かしいアナログの音は、早めにデジタル化したいですね。







    録音ができるUSBレコードプレーヤー

    オーディオ - - 話題のニュース
    録音ができるUSBレコードプレーヤーです。

    アナログの代表的なレコードですが、かつての名盤を
    しっかり収集しているファンも多いですね。

    デジタルのCDにはない温か味がありますね。

    とくに、真空管アンプやアルテックのシングルコーン
    に拘ってレコード盤を回す人もいます。

    しかし今では、デジタル再生機の方が便利ですし、
    入手も簡単ですね。

    さらに、音源を保存しておきたいと言う要望もあって
    デジタル化することもよくあります。

    なかには、もうレコードプレーヤーを持っていない
    と言うケースもあります。

    そんなときに、ポータブルUSBレコードプレーヤー が
    便利ですね。

    内蔵スピーカーで再生もできますし、USB経由で
    パソコンに取り込むこともできます。

    mp3にしてもいいし、CD化してもいいですね。



    デジタル化すれば、歩きながらでも、車の中でも
    好きなレコード盤が聴けますね。







    ボーズ テレビ向けサウンドシステム

    オーディオ - - 話題のニュース
    ボーズからテレビ向けの新商品が発売です。

    中小型テレビの一体型スピーカーシステム
    「Bose Solo TV sound system」です。

    32V型以下の液晶テレビにマッチするモデル
    ですね。

    32V型以下であればシステムの上にテレビが置け
    ますし、42V型であれば前面に置けます。

    ボーズにしては、価格も安くヒットの予感が
    します。

    最近の薄型液晶テレビは、それなりに音質も
    よく、メーカーでスピーカーシステムを用意

    していますが、やはりボーズのサウンドは
    魅力的ですね。

    ボーズ独特のサウンド技術を採用し、クリアで
    広がりのある再生音となっています。



    パソコンの外付けスピーカー並の価格で
    ボーズサウンドが楽しめますね。

    思い出の音楽をCDで保存

    オーディオ - - 話題のニュース
    世の中の変化というか進歩は激しいですね。

    CDが普及したお陰で、テープやMDが消えました。

    更に遡ると、レコードを知らない若者も
    いますね。

    しかし、昔の音源には懐かしい曲や音楽、
    家族の声などが残っています。

    このまま時代が進むと、そうした音声を
    全く聽くことができなくなりますね。

    まだ再生装置が残っている今のうちに
    なんとか保存しておきたいものです。

    I/ODATAのUSB接続オーディオ
    キャプチャー「AD−USB」は、

    そうした音源をCD化できる便利グッズです。

    レコードもプレーヤーから直接取り込める
    ように、フォノイコライザーを搭載しています。



    後では取り戻せない懐かしの音源ですから、
    後悔しないうちに保存したいですね。

    オーディオ LANケーブル活用法

    オーディオ - - 話題のニュース
    家庭内LANは、今では当たり前となって
    いますね。

    LANケーブルもゴロゴロしていると思い
    ますが、有効な活用法があります。

    なんとオーディオケーブルの延長用として
    使えます。

    オーディオ 信号 エクステンダーを使えば、
    最長75mまで延長可能です。

    オーディオケーブルは、あまり長いものは
    なく、しかもかなり高価です。

    ものにもよりますが、1.5m位で2万5千円
    のケーブルもありますね。

    その点、LANケーブルは安価で5m、10mは
    普通です。

    しかも柔らかく引き回しも楽ですね。



    オーディオのレイアウトで諦めている方、
    簡単に夢が実現しますね。

    アパートもオーディオルームに早変わり

    オーディオ - - 話題のニュース
    オーディオが趣味の人は、高級なセットを
    揃えたりしますね。

    自分の好きなこだわりのステレオセットを
    持っている人もいます。

    しかし、肝心なのはオーディオルームですね。

    いくら高級のアンプやスピーカーを揃えても、
    リスニングの部屋が

    最適でないことが多いですね。

    自分の部屋まで改造出来る人は、なかなか
    いません。

    そんな時、ヤマハの調音パネル「ACP-2」を
    セットするだけで、

    専用のオーディオルームができあがります。

    一見すると普通のパネル、パーティションの
    ようですが、

    特殊なボックス構造となっていています。

    調音パネルは、音響共鳴管でもあり、吸音作用、
    度な散乱効果も発揮します。

    使い方は、スピーカの後ろに2枚立てたり、
    スピーカーの間に1枚立てたりします。

    部屋の構造や家具のレイアウトによって、
    設置位置や高さを調整します。

    これだけで音響効果が得られ、サウンドが
    大きく変化をします。



    高級ステレオセットの実力が発揮され、
    リアルサウンドがよみがえりますね。

    ウッドコーンを使ったビクターEX-A250

    オーディオ - - 話題のニュース
    ウッドコーンを使ったビクターEX-A250が発売です。

    木の振動板であるウッドコーンスピーカーのステレオ
    システムですね。



    スピーカーの振動板は、紙製がほとんどですが、
    木製で鳴るのか不思議です。

    しかもウッドコーンウーファですからコーンの動き
    も大きいですね。

    しかし、忠実で再現性の高い音を出すといいます。

    ビクターのオーディオシステム「EX-A250」は、
    ウッドコーンスピーカー「SX-WD250」、

    インテグレーテッドアンプ「RX-A250」
    DVDプレーヤー「XV-A250」

    を採用したオーディオシステムです。

    スピーカー「SX-WD250」は、14.5cmのウッドコーンウーファ
    を採用しています。

    ウッドコーンは、日本酒に浸して作るということですから、
    音で酔わせてくれるのでしょうね。

    ノイズキャンセル型のイヤホンが登場

    オーディオ - - 話題のニュース
    ノイズキャンセル型のイヤホンが登場しましたね。

    オーディオテクニカのアクティブノイズキャンセリング
    ヘッドホンです。

    ヘッドホンとなっていますが、形はイヤホンですね。

    ノイズキャンセリングと言えば、
    ボーズやソニーのヘッドホンが有名です。

    外部の雑音をカットして、クリアな音楽を
    楽しめます。

    最近イヤホンの普及がすごいですね。

    携帯電話もオーディオ機能が充実してきました
    ので、イヤホンで音楽を聴くことが増えました。

    iPodなどのポータブルプレーヤーもイヤホンを
    使いますね。

    そして、高機能になっていますが、デザイン的にも
    かわいい、オシャレ、ファッショナブル、

    などのイヤホンが多くなっています。

    同じように、ヘッドホンで音楽を聴くだけでなく、
    ファッションとして

    使う人が増えました。

    首に巻いたヘッドホンがオシャレのアイテムと
    なっていますね。

    「XCALGO」折りたたみ型ヘッドホン

    オーディオ - - 話題のニュース
     

    エレコムは、「XCALGO」折りたたみ型ヘッドホンを
    発売します。

    「EHP-OH900」シリーズのオーバーヘッドホンで、
    折りたたんで持ち運びにも便利です。

    耳をスッポリ覆うタイプのヘッドホンですから、迫力の
    サウンドを再生しますね。

    それに雑音も軽減されるので、音楽に集中できます。

    音漏れが少ないことも嬉しいオーバーヘッドホンですね。
    続きを読む >>
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM